黒いブス

ブリーチしたり 黒い髪だったり

束ねて 円メガネ 両耳にピアスだらけ

でもベロには開けない 痛いから

カバンを安全ピンで留めて MKE UP FACE

伸びきった TAPE“ZIGGY STARDUST”

どこからかくすねた 春四音

女ばかりの家庭で育って

誰よりも強くなろうと決めたお前

切れた薄い唇噛みながら言うよ

「つまずいた」

首から下げた key 取り出すの夜中だけ

煙草に火をつけると同時に

窓を開けるお前は ベジタリアン

誰に会わせても愛想の悪いお前

愛想をつかしかけてた俺に

お前の mama は初めてさみしそうに言った

「また来てね」

oh my friend お前は捜してた 人混みで

暗がりで 走り出せる為だけのブース

oh my friend お前が履いてた すり減った

安物だけど いかした黒いトンガリブース

いつかお前がたった一人夢中になった

いつもさえない顔したアイツ

最近真夜中にテレビで見たよ

いつかお前が言ってた人生に

もしも勝者と敗者がいるのなら

お前は俺に何て言うのかな 聞こえない

oh my friend 聴かせておくれよ

俺よりぶっとんだ お前の詩(ことば)を

oh my friend 守っておくれよ

嘘つきなお前の 涙の約束

oh my friend お前は捜してた

人混みで 暗がりで

走り出せる為だけのブース

oh my friend お前がいつも履いてた

すり減った ボロボロだけど

いかした黒いトンガリブース